札幌の任意売却 安心サポート業者Navi » 住宅ローンの任意売却Q&A » 任意売却でもリースバックで住み続けられるってほんと?

任意売却でもリースバックで住み続けられるってほんと?

一般的に、任意売却するとその家は他の人の住まいになり、自分たちは引越しをするケースが多いです。しかし事情によっては、そのまま住み続けたいこともあるでしょう。そんな時は、リースバックという手段を検討してみてください。ただし、リースバックが成功するためにはハードルが高いため、それを承知の上で相談を進める必要があります。ここでは、任意売却のリースバックについて詳しく解説します。

任意売却におけるリースバックとは?

リースバックとは、投資家や親戚など第三者に家を買い取ってもらい、家賃を払いながら住み続けること。賃貸として借りるという形です。この第三者としては、不動産会社などの業者がなることもあります。任意売却すると必ず引っ越しをしなければいけないというわけではありません。ただしハードルが高く、成功するケースは少ないため、どうしてもリースバックを希望する場合は、リースバックに力を入れている会社に相談するのがおすすめです。

リースバックのメリット

引っ越しをしなくて良い

リースバックのメリットは、引っ越しをしなくて良いことです。「高齢で引っ越し先が見つからない」「家族の事情で引っ越しが難しい」など、様々な理由で引っ越しが困難な場合もあるでしょう。そんな時は、リースバックが救いになります。引っ越しをしなければ、引っ越し費用がかかりません。その浮いた分を返済に当てられます。また、引っ越し先を探す負担もありません。お子さんがいる場合は、転校も回避可能。生活を変えることなく住宅ローンの精算ができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

買い戻しの可能性

リースバックのもうひとつのメリットは、買い戻しできる可能性があることです。思い出がたくさん詰まった家。また自分の持ち家として買い戻せる可能性があれば、生活の立て直しを頑張ろうという励みになるかもしれませんね。

リースバックのデメリット

投資家が見つかりにくい

リースバックは、買い取ってくれる投資家・業者がいないと話が先に進みません。家の価値や依頼した業者のネットワークなどによって、買い手が見つからない可能性があるので、リースバックに強い業者を選ぶことが大切です。

ローンが残る場合は使えない

リースバックは、任意売却した額でローンを全額返済できる場合に使える手段です。売却価格がローンの残額に不足して、任意売却後に返済を続けなければいけないケースではリースバックできません。

家賃が高くつく可能性がある

リースバックでは、家賃を支払わなければいけません。生活再建のための任意売却のはずなので、収入に見合う家賃かどうかは検討が必要です。

リースバック実績がある業者に依頼しよう

リースバックは、複雑な手続きであることに加えて、リースバックに応じてくれる買い手を探す必要があります。リースバックの実績がある任意売却業者や自社がリースバックに応じてくれる業者に依頼すると良いでしょう。何より、今後の生活を考えたプランを検討してくれる業者を選ぶことが大切です。

連携している専門家の数と実績数に注目! 実績豊富な札幌の任意売却業者3選
HGCエステート
累計実績数
1,180件
連携の専門家
  • 弁護士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 社会保険労務士
  • FP
公式HPで
事例をチェック

電話で問い合わせる

西岡ホーム
累計実績数
1,000件以上
連携の専門家
  • 弁護士
  • 司法書士
公式HPで
事例をチェック

電話で問い合わせる

北海道住宅ローン 救済センター
(全任協)
累計実績数
800件以上
連携の専門家
  • 弁護士
  • 司法書士
公式HPで
事例をチェック

電話で問い合わせる

※札幌で任意売却に対応できる24社のうち公式HPで札幌で任意売却に対応している明記のある会社を独自調査。実績数が多い順にピックアップしました。(2021年4月26日調査時点) ※連携している専門家は、公式HPに明記されている専門家のうち国家資格のものを記載しています。