札幌の任意売却 安心サポート業者Navi » 札幌で任意売却をサポートしくれる専門業者 » 札幌宅商株式会社

札幌宅商株式会社

ここでは札幌市豊平区に所在する不動産業者「札幌宅商株式会社」について、会社の特徴や実績、任意売却やリースバックのサポート、また会社の基本情報などをまとめて紹介しています。札幌周辺で任意売却を含め不動産売却を考えている方は参考にしてください。

会社形態不動産会社
創業年数1971年
実績数当該情報は見つかりませんでした
無料相談の有無当該情報は見つかりませんでした

札幌宅商の実績についての特徴

札幌宅商株式会社は賃貸・仲介売買のほか任意売却などにも対応しています。販売活動にはさまざまなメディアを活用、Yahoo!不動産やSUUMO、House Town、不動産連合隊などのWebサイトや不動産情報誌に多くの物件を掲載するなどし、年間成約数549件(2020年の実績 2021年5月20日調査時点)の実績をあげています。

参照元:札幌宅商公式HP(http://www.sapporotakusho.co.jp/sale/disposal/

札幌宅商の対応の特徴

多彩な販売活動でスムーズな売却

札幌宅商は設立より50年以上。長年積み上げてきた独自ネットワークと、不動産指定流通機構や自社Webサイト、Yahoo!不動産やSUUMO、House Town、不動産連合隊などのWebサイトや不動産情報誌、地域タウン誌・新聞折込チラシ・各戸ポスティングなどのメディアを活用。多彩な売却方法で、物件の特徴や依頼人の事情に合わせた販売活動をしています。

参照元:札幌宅商公式HP(http://www.sapporotakusho.co.jp/sale/disposal/

販売活動に強い会社です

北海道出身のスタッフが多い札幌宅商。子どもの頃から地域で生活していたり、現在札幌で家庭を持ち、子育てをしているスタッフも在籍しています。札幌の不動産情報や市場価値などを知り尽くしているだけでなく、顧客が知りたい情報を生活者目線で提供することができる強みがあります。

参照元:札幌宅商公式HP(http://www.sapporotakusho.co.jp/sale/disposal/

札幌宅商の事例

費用をかけずに不動産を売却

通常不動産を売却する際には不動産会社への仲介手数料や抵当権抹消費用、抵当権の解除による書類代、滞納分の管理費・マンションの場合は修繕積立金、滞納分の固定資産税や住民税など支払わなければならないお金が多くあります。任意売却の場合それらの費用は債権者より支払われるよう調整することで、売り主の経済的負担が軽減されます。

参照元:札幌宅商公式HP(http://www.sapporotakusho.co.jp/short_sale/

売却した家にそのまま住み続けたい場合

住宅ローンが払えず、家が競売にかけられた場合は、ほぼ間違いなく強制退去となってしまいます。しかしたとえば親戚や理解ある投資家などに家を買い取ってもらい、買主に家賃を支払いながらそのまま売却した家に住み続けるという方法があります(リースバック)。引っ越しをする必要もなく、近隣の方にも家を売却したことを知られずに生活を続けられるというメリットがあります。

参照元:札幌宅商公式HP(http://www.sapporotakusho.co.jp/short_sale/

札幌宅商の基本情報基本情報

所在地 北海道札幌市豊平区平岸2条6-1-18 平岸グランドビル 別館 2階
対応エリア 当該情報は見つかりませんでした
設立 1971年(昭和46年)
免許番号 北海道知事 石狩(14)第1122号
加入団体 (公社)北海道宅地建物取引業協会会員
(公社)全国宅地建物取引業保証協会北海道本部会員
(一社)全国賃貸不動産管理業協会
(一社)北海道中小企業家同友会会員
札幌不動産リスティング協会会員
札幌商工会議所会員
連携している専門家の数と実績数に注目! 実績豊富な札幌の任意売却業者3選
HGCエステート
累計実績数
1,180件
連携の専門家
  • 弁護士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 社会保険労務士
  • FP
公式HPで
事例をチェック

電話で問い合わせる

西岡ホーム
累計実績数
1,000件以上
連携の専門家
  • 弁護士
  • 司法書士
公式HPで
事例をチェック

電話で問い合わせる

北海道住宅ローン 救済センター
(全任協)
累計実績数
800件以上
連携の専門家
  • 弁護士
  • 司法書士
公式HPで
事例をチェック

電話で問い合わせる

※札幌で任意売却に対応できる24社のうち公式HPで札幌で任意売却に対応している明記のある会社を独自調査。実績数が多い順にピックアップしました。(2021年4月26日調査時点) ※連携している専門家は、公式HPに明記されている専門家のうち国家資格のものを記載しています。