札幌の業者選びから覚えておきたい基礎知識まで~任意売却ガイダンス

HOME » 任意売却の正しい知識 » 任意売却後の「残債」について

任意売却後の「残債」について

ここでは、任意売却後の残債に対する具体的な対処法などについて解説しています。


任意売却しても残債が残ることが一般的


任意売却をすればローンが帳消しになると思っている方もいるかもしれませんが、それは誤解です。任意売却で得られたお金を債権者(銀行など)に支払ったとしても、多くの場合、そのお金ではローンの全額をまかなうことができません。すなわち、残債が残ってしまう、ということになります。


任意売却をした背景には、リストラや会社倒産などによってローンの支払いができなくなったことがあるでしょう。ローンの支払いができない状況である以上、ほとんどの場合、残債の支払いも困難です。


そこで任意売却後に残った残債については、具体的に次のような方法で対処することになります。


任意売却後の残債に対する具体的な対処法


残債を支払えない場合、債権回収会社の強面社員が自宅に土足であがりこんで強引に回収を迫る、という昔のドラマのような景色はありません。債権者側も無い袖は振れないことを承知している以上、より合理的な回収方法を検討するので、その点は安心してください。


具体的には、債務者の現実に照らして次の3つの方法の中から対処法を検討します。


分割返済


債務者の生活に無理のない範囲で、残債を分割で返済していく方法です。債権者の同意は必要となりますが、債権者にとっても現実的な回収方法となるため、残債への対処法としては一般的な方法となります。


ちなみに分割返済を選んだ場合、返済金額の相場は月額1~3万円程度です。


個人再生


残債の額を1/5まで圧縮し、これを3年かけて分割で返済していく方法です。残債の「圧縮」とは、簡単に言えば、裁判所を通じた残債の「減額」のことを言います。


ただし個人再生を選んでも、残債が100万円以下になることはありません。


自己破産


裁判所を通じ、残債の額を帳消しにする方法です。自己破産が認められれば、残債を返済する必要がありません。精神的には重い状況ですが、金銭的にはとても軽くなります。