札幌の業者選びから覚えておきたい基礎知識まで~任意売却ガイダンス

HOME » 住宅ローンが払えないときの任意売却Q&A » 任意売却の親子間売買とは?

任意売却の親子間売買とは?

任意売却をする際に親子間売買について検討している方もいるかもしれません。具体的にどういったものなのかご紹介します。

任意売却の親子間売買とは?

どうしても住宅ローンの支払いができなくなってしまった場合に検討するのが任意売却です。ですが、何が何でもその家に住み続けたい…と思った時に選択肢に挙がるのが親子間売買と呼ばれるもので、両親や兄弟、親戚などにローンを滞納している住宅を買い取ってもらう方法になります。

マイホームを手放して引越しをするとなるとさまざまな不便もありますし、この方法が選択できる方であれば検討することもあるでしょう。ただし、メリットだけでなくデメリットもあるのでそれぞれについて押さえておいてくださいね。

親子間売買のメリット

大きなメリットは、住宅を任意売却や競売で手放してしまうことなく住み続けられることです。特に小さな子どもがいて引越しによる転校などをさせたくない…と思っている方にとってもメリットが大きいですよね。

引越しの必要がなくなるのでそのための費用もかかりません。親や親族が援助してくれるのであれば残債の支払いについてもいろいろと相談ができるでしょう。また、任意売却をするとなれば家を売却することについて近所の方に知られてしまいますが、親子間売買は外から見える話ではないのでご近所さんに知られる心配もありません。

親子間売買のデメリット

そもそも、親子間売買は買取を行ってくれる親や親族に経済力がなくては成立しません。一括でまとまった現金を用意することは難しいため、ほとんどのケースでは住宅ローンを組んで購入してもらう形になるでしょう。

しかし、親子間売買は融資したお金の悪用などの心配もあるため、ほとんどの銀行では積極的に融資を行ってくれないのです。そのため親子間売買が行えるケースは現実的にはかなり少ないといえるでしょう。

銀行側に融資の相談をし、断られた場合には他の金融機関にも相談を…と思うかもしれません。しかし短い期間で何度も融資を断られてしまうと申し込みブラックと呼ばれ、断られた情報が個人情報として半年ほど残ります。そうなると、どこも受け入れてもらえないということになってしまいます。

リースバックも検討しよう

どうしても今の住宅を手放したくないと思っているのであれば、リースバックという選択肢もあります。

これは住む期間を決めて業者に自宅の買取を行ってもらい、賃貸として家賃を支払いながら生活する方法です。例えば、子供を転校させたくない、事業で店舗登録している家なので簡単に住所変更ができないなどの事態にも対応できます。

引き続き自分の家に住めるので周りに売却したことを知られる心配もありませんし、引越しの必要がないのもメリットです。

ただし、デメリットとして家を売却した際の金額でローンの完済ができないケースやリースバックに応じてくれる業者が見つからない場合には利用できません。リースバックであれば将来的に買い戻しも可能となっているので、任意売却に関する支援を行っている専門業者に相談してみましょう。