札幌の業者選びから覚えておきたい基礎知識まで~任意売却ガイダンス

HOME » 知っておきたい任意売却の正しい知識 » 代位弁済とは?

代位弁済とは?

代位弁済とは住宅ローンが返済できなくなった際に誰かが代わりに返済を行うことをいいます。一般的に返済ができなくなった場合には保証人が返済を行わなくてはなりませんよね。 保証人が支払を行うのも代位弁済です。

しかし、保証人を頼んでいない方もいるでしょう。この場合も実は保証会社に保証人になってもらっているのです。一般的にこれは銀行の子会社になります。 つまり、一定期間返済ができない状態が続くと本人からの返済が不可能だと判断し、銀行は子会社に対して一括請求を行う形になってしまうのです。これも代位弁済といいます。

代位弁済のメリット

保証会社ではなく、連帯保証人に支払をしてもらう場合、保証人との関係が良好で資金に余裕がある方ならば快く応じてもらえる可能性もゼロではありません。 話し合いの結果、代位弁済を行ってくれた保証人に少しずつ借金を返済し、引き続きマイホームに住むことも可能でしょう。この場合はメリットが大きいといえます。

しかし、保証会社が代理弁済を行う場合のメリットははっきり言ってないといえるでしょう。一般的に代位弁済といえば、住宅ローンが返済できなくなってどうしようもなくなった時に取られる手段です。そのような方法にメリットがあるとは考えられませんよね。

保証会社が立て替えて払ってくれるといっても、ローンの残高がゼロになるわけではありません。これはあくまで銀行からの借り入れはなくなった状態であり、代位弁済を行った保証会社に対してはまだ借金がある状態だからです。 代わりに支払ってくれるなんてありがたい!と思うのは間違いなので気を付けておきたいですね。

代位弁済のデメリット

今度は引き続き保証会社に対して返済を行っていく形になるのですが、一般的には一括での返済を求められます。 ただ、返済ができなくなったからこそ滞納しているわけなので、一括での返済はできませんよね。当然ながら保証会社側もそれを理解しています。

ではなぜ一括返済を求めてくるのか?というと、手続きを進め、競売を行うためです。一般的には住宅ローンを3ヶ月以上滞納すると代位弁済が行われ、借金を返済してもらうための権利は銀行から保証会社に移ります。この段階でブラックリストに登録されるのです。

つまり、「返済が遅れると住宅が競売にかけられる」と言われますが、これは代位弁済後の話だといえるでしょう。 代位弁済が行われると元の銀行が提供している口座に預金をしていた場合、その金額は借金と相殺されますし、その銀行のクレジットカードのローンをしている場合は使用できなくなります。

また、代位弁済後は保証会社による財産の差し押さえができる状態になるので十分に注意しておかなければなりません。保証人への催促も行われます。 代位弁済の通知が来て一括返済を求められた場合はすぐに任意売却の専門業者に相談をしましょう。