札幌の業者選びから覚えておきたい基礎知識まで~任意売却ガイダンス

HOME » 知っておきたい任意売却の正しい知識 » 任意売却のメリット

任意売却のメリット

本ページでは、住宅ローンが払えなくなってしまった場合に、競売や自己破産を選択するのではなく、任意売却を選ぶメリットについて述べていきたいと思います。

競売や自己破産と比べ、任意売却を選ぶメリットとは?

本サイトで繰り返し述べています通り、住宅ローンの支払いに行き詰まり滞納を重ねてしまった場合、競売にかかるのを待つのではなく、自らの意思で任意売却を選択すれば、その後の苦労や債務を軽減できる可能性が高まるからです。では、具体的なメリットについてご紹介しましょう。

■各種の費用が不要に

本来支払わなければならない以下の費用が債権者より支払われることになるため、経済的負担が軽減されます。

  • 不動産会社への仲介手数料
  • 抵当権抹消費用
  • 滞納分の管理費・修繕積立金(マンションの場合)
  • 差押えされている滞納分の固定資産税・住民税の一定額 など

■市場価格に近い値段での売却が可能

物件の所有者・担保権者・買主の話し合いにより価格が決定するため、市場価格に近い値段で売却できる期待が持てます。一方、競売ではほぼ間違いなく安値で買い叩かれてしまいます。

■引越し費用や生活費などの捻出も可能

競売の場合は手元に資金を一切残すことができないのに対し、任意売却ならば債権者との交渉により、引越し費用や当面の生活費などを捻出する余地が生まれます。

■ご近所などに知られることなく売却可能

競売になれば、裁判所のホームページや業界紙などに情報が掲載され、当局による現地調査なども行われます。任意売却の場合は、物件の所有者が合意の上で売却するので情報が漏れることを防ぐことができます。

■残った債務を分割返済することも可能

債権者と債務者による話し合いによって売却が行われるため、債務者の収入状況や生活状況を十分考慮のうえ、現実的な返済方法となります。給与などの差押えはよほどのことがない限りは行われません。

■そのまま住み続けられる可能性もあり

例えば親兄弟や親戚、あるいは理解ある投資家に買い取ってもらい、家賃を支払うという形でそのまま物件住み続ける余地が生まれます。一方、競売の場合は、ほぼ間違いなく強制退去となります。

■専門家への依頼で、手続きの負担を軽減

各種調査、売却物件の査定、任意売却終了後に残るローンの債務の返済額・返済条件の交渉などを依頼でき、一般人には困難な手続きから開放されます。

自己破産は、あくまで最後の手段

もうひとつ、債務の解決方法として自己破産というやり方がありますが、これも安易に行なうべきではありません。と言いますのも、自己破産には、比較的手続きが容易な「同時廃止」と、破産管財人が選任されるなど手続きが複雑な「管財事件」があり、財産がある状態だと後者の管財事件と見なされ、裁判所に納める予納金も高くなってしまいます。

つまり、任意売却前に自宅を所有した状態で自己破産手続きをしてしまうのは、文字通り本末転倒です。自宅を任意売却した上で、職場を解雇されたなどで収入がなく、貯金もないという状態になってはじめて、自己破産という選択肢を考えるべきなのです。

また自己破産とは別に、「個人再生」という制度もあります。個人債務者の返済負担の圧縮と返済計画の立案を支援する手続のことで、債務者と債権者間の民事上の権利関係を適切に調整し、債務者の経済生活の再生を図るという目的があります。どちらがより適切かはケースバイケースですので、任意売却専門業者や専門家に相談してみるとよいでしょう。