札幌の業者選びから覚えておきたい基礎知識まで~任意売却ガイダンス

HOME » 知っておきたい任意売却の正しい知識 » 任意売却にかかる費用

任意売却にかかる費用

本ページでは、任意売却を行うために必要な費用について、しくみや計算式、具体例などを解説していきたいと思います。

任意売却を行うための費用のしくみとは?

結論から言ってしまいますと、任意売却の手続きを専門業者などに依頼する場合、初めから用意しなくてはならない費用というものはありません。そもそも任意売却を検討される方は住宅ローンの支払いが滞ってしまっている位ですので、経済的にも苦しい状況にあるはずです。

もしも「任意売却を検討したいけど、業者に支払うお金が無いから無理」とお考えになっている方は、すぐに考えを改めてください。繰り返しますが、任意売却を行う際にはじめから用意しておかなくてはならない費用はないのです。

では任意売却は全くの無料なのかと言えば、そうではありません。任意売却専門業者に支払う仲介手数料は「成功報酬」となっており、任意売却で得られた物件の買取代金から差し引かれる方式となっています。さらに、その割合も宅地建物取引法という法律で定められており、業者によって異なるということがありません。その計算式は以下の通りです。

仲介手数料=売買価格の3%+6万円+消費税

例えば物件が1,000万円で売れた場合、30万円+6万円+消費税で37万8千円が売上から差し引かれ業者の元に入るというしくみです。債務者は、残った962万2千円を、金融機関などの返済に充てるという仕組みです。

引越し代や当面の生活費を得られる可能性も

また任意売却の場合には競売の場合とことなり、物件の売却代金の中から、引越し代などを債務者に還元してもらえるケースもあります。任意売却専門業者に交渉を依頼し、売買代金の中から引越代や当面の生活費用を捻出してもらえる可能性があるのです。

ただし、これはあくまで交渉が成立した場合であり、必ず貰えるという保証はありません。この点はしっかり踏まえておいてください。なお、引越し費用の額は、債権者および債務者の状況にもよりますが、一般の住宅で20万円から50万円ぐらいが目安となっています。

逆に、任意売却専門業者選びの際に、初めから「引越し代100万円」などと謳っているところは注意が必要です。いわゆる悪徳業者である可能性が大です。この引越し費用は、任意売却専門業者が債権者と粘り強く交渉した結果得られるもので、最初からいくらとは言えない性質のものです。それにも関わらず初めから100万円などと謳うのは悪質な客寄せに他なりません。くれぐれも注意してください。