札幌の業者選びから覚えておきたい基礎知識まで~任意売却ガイダンス

HOME » 任意売却をサポートしてくれる札幌の専門業者 » 副都心住宅販売

副都心住宅販売

札幌市中央区宮の森3条に所在し任意売却も扱う不動産業者、副都心住宅販売について、会社の特徴や実績、サポート内容および、札幌市内の店舗情報などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

任意売却も扱う札幌の不動産業者、副都心住宅販売

はじめにお伝えしておきますと、副都心住宅販売は任意売却を専門としている業者ではありません。むしろ札幌周辺にお住まいの方であれば、「イエステーション」の運営会社と言った方がピンとくるのではないかと思います。ご存じない方のためにもう少しご説明しましょう。

副都心住宅販売は1989年(平成元年)に設立された、不動産の売買・賃貸の仲介及び管理などを総合的に行なう不動産業者になります。札幌地域に根ざした不動産業者として成長を続けており、店舗数も拡大中。直営店のみならずフランチャンズ店も展開。全国展開している大手程ではないものの、札幌の地域密着業者としては事業規模の大きな不動産業者になります。参考までに、展開している店舗は以下の通りです。

●白石店(札幌市白石区) ●厚別店(札幌市厚別区) ●清田店(札幌市清田区) ●豊平店(札幌市豊平区) ●手稲店(札幌市手稲区) ●北店(札幌市北区) ●西店(札幌市西区) ●南店(札幌市南区) ●中央店(札幌市中央区) ●FC東店(札幌市東区) ●FC江別店(江別市) ●FC千歳店(千歳市) ●FC石狩店(江別市) ●FC小樽店(小樽市)

以上の通り、副都心住宅販売は総合的な不動産業者であり、任意売却はそのうちの業務のひとつという位置づけになります。しかしながら、地域で成長を続けている業者だけあり、サービスやサポートの質は一定レベル以上。過去の事例集もホームページに掲載されています。実績面などはホームページ上からは推測できるだけの情報がありませんでした。しかし、検索などで調べてみると、年間数十件から100件程度の任意売却物件を扱っているようです。

副都心住宅販売 利用者の声

ローンの支払いが困難になり、競売か任意売却かを選択する必要に迫られ、イエステーションさんに相談しました。私の場合、固定資産税の滞納もありましたので、転居費用と税金の一部を捻出できる「任意売却」での処分を提案されました。おかげ様で、3ヶ月程度で売却先が決まり、転居費用と税金の滞納金を全額ではないものの、賄うことができました。(札幌市 Mさん)

マイホーム購入以来、滞りなくローンを支払い完済まであと7年となったところで勤め先が倒産。また同時期に妻の病気が重なり医療費がかさみ、滞納となってしまいました。イエステーションさんに相談たところ、これまでキチンと返済していたため、任意売却をすれば全て返済することができ余剰金も生まれるとのことでしたので、お願いしました。無事購入者が決まり住宅ローンを全て返済し、当面の生活費も捻出することができました。もし競売となっていたら、こうはいかなかったでしょう。(札幌市Sさん)

副都心住宅販売株式会社
所在地 札幌市中央区宮の森3条1丁目4-1 タイびる
対応エリア 北海道全域(メインは札幌および周辺)
設立 1989年(平成元年)
免許番号 北海道知事 石狩(7)第4948号
加入団体 公益社団法人北海道宅地建物取引業協会、一般社団法人北海道不動産公正取引協議会、社団法人北海道マンション管理組合連合会ほか
公式サイト http://www.fukutoshin.com/